プロミスの在籍確認を完全解説!電話連絡を避ける方法は?

プロミスでは、在籍確認が電話で行われます。しかし、職場に電話をかけられると、その電話によって借入しようとしていることがバレてしまうのではないか?と不安になる人もいると思います。

なぜ職場に電話をかけてくるのか、在籍確認の理由や流れなど、プロミスの在籍確認について詳しくお話しします。きちんと対応すれば大丈夫なので、何も心配することはないですよ。

万が一、周囲の人に何か聞かれても、言い訳を用意しておけばプロミスからの電話だとバレることはありません。

ただ、どうしても電話をしてほしくないという人のために、在籍確認を他の方法でしてもらえないか、相談する方法についてもお話ししましょう。

プロミスは原則として在籍確認あり

プロミスに限らず、在籍確認はほぼすべてのカードローンで行われます。

電話をかけてくるのは、申込内容に間違いがないか、本当に安定した収入を得ているのか、という点を確かめるためです。

収入の高さを確かめるのではなく、きちんとした勤め先があり、毎月定期的に収入を得られる人=返済能力のある人かどうかを確認する意味があります。ですから、申し込みのときに記入した勤め先に、直に電話がかかってくるのです。

在籍確認は審査の終盤で行われますので、この確認が取れないと審査が終わらず、スムーズな借入の妨げとなりますから注意しましょう。

プロミスの在籍確認が避けられない理由

どうして在籍確認は避けられないのか、それはプロミスが大手の信頼できる会社であるという証でもあります。

大手だからこそ、審査をきっちりしているということです。たまに、消費者金融カードローンは審査が甘い、などといわれることがありますが、そのようなことは全くありません。

プロミスは、無担保・保証人なしで借り入れができます。担保もなしにお金を貸すのですから、申込者が本当に信頼のおける人物なのか、返済能力があるのかを確かめるのは当然のことでしょう。

在籍確認は電話が基本

貸金業者が貸付を行う際に、申込者に返済能力があるかどうかを確認するのは、法律で義務付けられています。

しかし、その方法については特に規定がありません。在籍確認を電話で行うのは、それが最も簡単で確実な方法だからです。

書類ですと、偽造される恐れもありますし、やりとりするのに時間もかかります。

電話なら、かけて本人が出ればそれでOK。たとえ本人がいなくても、「席を外しております」など答えてもらえるはずなので、手早くすませるには電話が一番なのです。
電話がかかってくるなんてこわいなあと思いますが、やっぱり避けられないんですね。
特別難しいことを聞かれるわけではありません。在籍していることがわかればそれでいいので、どんな風に電話が来るのかを知っておけば、なんの心配もいらないでしょう。流れは、次で説明します。

知っておけば怖くない!プロミスの在籍確認の流れ

在籍確認の電話が、申し込んでからどのくらいで来るのかは、審査の混み具合によっても違ってきます。

プロミスは審査の早さに定評がありますので、比較的早い段階で来る可能性があります。心の準備をしておきましょう。

電話が来るタイミング

インターネットから申し込んだら、最初に申し込み確認の電話がきます。この電話は、本当に申し込みましたか?という電話なので、申し込みの時に記入した自分の連絡先にかかってきます。

その後、身分証明書などを提出して審査に入りますが、この審査の終盤で在籍確認が行われます。早ければ、ここまで30分〜1時間程度でしょう。

とはいえ、いつの段階で在籍確認がなされるのか、公式サイトにははっきり書いてあるわけではありません。もし確実に自分が電話を取りたい時間帯などがあれば、相談してみてください。

申込内容などを確認し、氏名、年齢など個人情報に間違いがないことがわかれば、あとは勤め先が本当かどうかを確かめ、審査が終了となります。

自分が電話を直接取れない場合

在籍確認で、自分が席を外していたり、外出していて電話を取れなかったりした場合、確認が取れないということで審査が進まないのではないかと思うかも知れませんが、大丈夫です。

在籍確認は、申込者がその会社に勤めていることがわかれば良いので、本人が直接電話を取る必要はありません。

その場にいなくても、「ただいま席を外しております。」等の対応をしてもらえれば勤めていることがわかりますので、在籍確認は無事に終了します。もちろん休んでいても、「本日は休暇をいただいております。」等の対応なら問題ありません。

土日に申し込みをした時の在籍確認

土日や祝日に申しこんだら、会社が休みだから在籍確認はどうなるのだろう?審査が進まないと、契約が遅くなってお金が借りられないのでは?と心配になる人もいると思います。

在籍確認自体をなくすことはできないため、土日なら免れるわけではありません。

会社が休みで在籍確認ができなければ、できる日まで契約はできないことになります。つまり、基本的には土日休みの会社なら、休み中に契約まで済ませるのは難しいということです。

早く借り入れしたい場合には、平日に申し込むことをおすすめします。

プロミスの在籍確認で勤め先に借り入れがバレないか心配!

もし職場に、「プロミスです」と電話がかかってきたら、借り入れしようとしていることがバレてしまうのではないか?と心配する人もいると思います。

でも、安心してください。プライバシーには、十分配慮されています。

会社名でかかってくることはなく、担当者の個人名でかかってきますので、プロミスからの電話だとバレることはありません。

本人以外の第三者に、借入の申込だとわかるようなことを話すことはありません。電話がかかってきたという理由でバレることはまずないので、安心してください。

電話機に通知される電話番号でばれてしまうのでは?という心配もありますよね。その点も大丈夫です。

電話番号は非通知でかかってきますので、番号からバレることはないでしょう。どうしても心配な人は、申込確認の電話の時に、在籍確認は非通知でかけてもらうようお願いしておくと、なお安心です。
会社名を名乗ったり、要件を聞かれて「借入の件で」などと答えたりしないのですよね?
その点は安心してください。申込者の許可なく、第三者に申し込みの情報を漏らすようなことはありません。

雇用形態別・在籍確認の注意点

会社の状況や仕事の内容によって、自分が直接電話に出られるか、それとも他の人がとってしまうかが違うと思います。

働き方による注意事項についてまとめましたので、ご自身の働き方によって対処法を考えてみてください。

大きな会社に勤める人

正社員であっても、在籍確認がうまくいかないケースも。それは、申込の時に会社の代表電話を書いてしまい、自分がいる部署まで電話が到達しないという事態です。

申込の時は、部署の直通番号を書いた方が良いでしょう。

もし代表番号を書いてしまったら、申し込み確認の時に、在籍している部署の直通番号を伝えておけば安心です。

派遣社員の人

派遣社員の人は、どの電話番号を書くのか、実際に働いている会社なのか、それとも派遣元の会社なのか、迷うところでしょう。

ここは、派遣元の会社(お給料をもらっている会社)の電話番号を書きます。

派遣先では、派遣されてきている人の名前を覚えていない人も多いです。

普段あまり交流のない人が電話を取ったとき、「そのような社員はおりません」等の対応をされてしまう可能性があります。

ですので、派遣元の電話番号を書いておきましょう。

それでも、大きな派遣会社ですと、もしかしたら在籍確認がうまくいかない可能性もあります。そのような事態を避けるため、一応派遣元に電話が来るかもしれないことを伝えておくと安心です。

「クレジットカードに申し込んだので」と伝えておけば、プロミスの借入だとは思われないでしょう。

パート・アルバイトの人

パート、アルバイトの方は、自分が勤めている会社やお店の番号を記入すれば大丈夫です。

自分が直接出られなくても、電話に出た人が「席をはずしております」「今仕事中なので電話に出られません」などの対応をしてくれれば、在籍確認になります。

いないときにかかってきた場合に備え、念のため、「クレジットカード会社から電話が来るかもしれないので、『席をはずしております』と答えてもらえますか?」と電話に出そうな人にお願いしておくと安心です。

個人事業主の人

個人事業主や自営業者、フリーランスの人は勤務先がありませんので、普段働いている場所の電話番号を書くしかありません。

自宅もしくは自分の携帯番号などです。

職場に電話!在籍確認だとバレないようにする言い訳例

人によっては、普段自分宛に電話がかかってくることがほとんどなく、スマホではなくてわざわざ会社の電話にかけられることが、周囲の不信感を招いてしまうケースもあると思います。

そんなときは、万が一怪しまれた時の言い訳を用意しておくと安心です。

大事なのは、申し込む前に考えておくということです。

プロミスは審査が早いので、言い訳を考えているうちに電話がかかってくる可能性は大いにあります。

クレジットカードに申し込んだ

クレジットカードも在籍確認が行われる場合があります。

電話を受けそうな人に、「クレジットカードに申し込んだので、私宛に電話が来るかもしれない」と言っておくと良いでしょう。

教育ローンなどに申し込んだ

ローンといってもいろいろ種類があります。

カードローンは外聞が悪いと思う人も多いですが、子供の教育ローンや車のローンなど、高額な費用に当てるためのローンなら誰しも利用したことがあるのではないでしょうか。

もしそのようなローンを利用する予定があるなら、その在籍確認だということができます。

不動産などの営業電話

どこで調べたのかわからないですが、「マンション買いませんか?」というような勧誘の電話がかかってくることがあります。

なんの電話だったの?と聞かれたら、「ただの営業電話」と答えると怪しまれないでしょう。

詳しく聞かれたら困るような言い訳を使わないこと

その場凌ぎの言い訳なら、いくらでも考え付きます。しかし、あとからいろいろ聞かれたときに困ってしまうような言い訳はしないようにしましょう。

カードローンの電話だとはバレなかったとしても、「この人、何か嘘をついてる」と思われると、職場の人の信用を無くしてしまうかもしれません。

たとえば、

  • 先日会社を訪問したときに、名刺交換した人からの電話
  • 知人(または親戚)から身内に不幸があったという電話

などの言い訳です。

たとえば、名刺交換したなどというと、仕事に関わることですから深く聞かれる可能性があります。嘘をついていると答えに詰まってしまうので、逆に疑われてしまうでしょう。

ここは、クレジットカードの申し込みというのが、最も無難ではないでしょうか。

どうしても電話をかけてほしくない!プロミスの在籍確認をなくす方法

プライバシーに配慮しているとはいっても、どうしても電話をかけられたくないという人もいると思います。

そんなときは真摯にプロミスコールに電話して相談することで、電話以外の方法で確認してもらえる場合があります。

ただし、あくまでも他の方法にする方法であって、在籍確認自体はなくすことができません。

なぜきちんと相談しなくてはならないか、それは電話なら確実に確認ができるのに、わざわざ他の方法をとらなくてはならないのですから、わざわざ手間をかけてまで他の方法を選択して欲しいなら、もっともな理由が必要でしょう。

  • 職場に固定電話がない
  • 私用の電話が禁止されている
  • 固定電話に出られないと店長の電話に転送されてしまう

など、電話確認が難しいという理由を説明してください。それが理解してもらえれば、他の方法を提案してくれることもあります。

たとえば、

  • 社員証
  • 給与明細
  • 会社名のわかる健康保険証

などの書類によって、電話以外の方法を認めてくれる可能性があります。

【プロミスコール】0120-24-0365(9時〜21時)

どの方法になるかは、その人の働き方などによりますので、相談してみないとわかりません。まずはプロミスコールに電話をしてみましょう。

なお、たまに「プロミスで在籍確認がなかった」という口コミを見かけますが、在籍確認がないということはありません。

たまたま自分が席をはずしているときに電話がかかってきて、「席をはずしております」で済んでしまった可能性があります。

また、収入証明書などを求められ、本人確認の書類以外で会社の確認もできてしまった場合などです。

プロミス側とすれば、「安定的に毎月収入を得ている」事実がわかればいいので、たまたま電話以外の方法で確認できたから電話をしなかった、というケースが考えられます。

審査の早さならやっぱりプロミス

在籍確認の柔軟性以外にも、審査の早さや30日間の無利息期間など、プロミスを利用するメリットはたくさんあります。

プロミスを初めて利用する人なら、30日間もの無利息期間がありますので、借入金額によっては元本のみの返済にできるかもしれません。

また、借入したことを誰にも知られたくないという人は、郵送物にも気を使うと思いますが、プロミスならカードレスにもできるので、郵送物を自宅に送られたくない人にもおすすめです。

審査結果はどのくらいでわかるのですか?
申し込む時間帯にもよりますが、最短30分で分かります。早ければその日のうちに借入できる可能性もありますよ。

[morebox url=”https://news.mynavi.jp/cardloan/promise/ “]

増額のお願いをする時も在籍確認あり?

カードローンは、最初の審査をクリアすれば、その時認められた限度額内で、何度も借り入れができます。

ただ、その限度額では足りなくなってきたら、増額の申請が可能です。増額は新たな借入と同じ扱いになりますので、再度審査が行われます。

この審査の時に在籍確認が行われるかどうかですが、それはプロミス側の判断になりますので、一概にはいえません。

在籍確認されるケースとしては、このような場合が考えられます。

  • 新規申込の時と勤め先が変わっている
  • 最初の申込からあまり時間が経っていないのに大幅な増額を申し出ている

前回の在籍確認から勤め先が変わっていない場合や、増額の希望額がそれほど大きくない場合には、在籍確認が行われない場合もあります。

なお、在籍確認が行われる場合、方法は新規の時と同じく、会社にで話がかかってきますので、きちんと対応しましょう。

プロミスの在籍確認は落ち着いて対処すれば大丈夫!

プロミスの在籍確認は、原則としてなくすことはできません。本当に勤めているかどうかの大事な確認ですので、よほどの事情がない限り省略されることはないものです。

プロミスからの電話だとはバレないように、個人名でかけてくれますし、落ち着いて対応すれば大丈夫です。プロミス側とすれば、その会社にいることがわかれば良いので、自分が出る必要もありません。

電話がかかってくる時間を見計らって外出し、電話に出た人に「席をはずしております」と答えてもらっても、在籍確認になります。

万が一、周囲に「なんの電話?」と疑われても、言い訳を用意しておけば大丈夫。クレジットカードの申し込みでも在籍確認はされますし、営業電話がかかってくることもあります。

基本的に在籍確認の電話は避けられないので、どのようにかかってくるのか、かかってきた時の対処法を知っておけば、簡単にクリアできます。

閉じる